Home > 2月, 2007

2007.02.25

オイルキャッチャーの取り付け

キャブをWEBERに換えているので基本的にブローバイは大気開放。
とはいえ一応形だけのオイルキャッチャーが付いていたのだけど、基本的にはブローバイがモクモクとエンジンルーム内に舞い上がる次第。
まぁそれほど乗らないので気にならないっちゃー気にならないのだけど、それでも長時間運転時に室内に漏れ入ってくるブローバイ独特のオイル臭と、それが原因で目がチカチカ痛くなったり顔が微妙に脂っぽくなるのだけは堪らない。

で、ずっとオイルキャッチャーの購入を考えていたのですが意外と高いのよね。大したものじゃなくても。
そんなんであれこれ物見をしていたら、ヤフオクで安く売っていたのを発見。サイズもちょうど良さげだったので即購入と相成る。

早速取り付けたのが下の写真。

P1000045.JPG

左上にある丸い円筒状のがオイルキャッチャー。
ホースはカーマで100円/m程度のものを購入。見た目も取りまわしも格好悪いけど、まぁとりあえずの装着ということで。
オイルキャッチャーの出口がキャブのエアフィルターに極力近づけるようにしたのでこんなホースの取りまわしになりました。でも今考えれば前方に取り付けれれば、もっとスマートなホースの取りまわしになるかも。
さらに、オイルキャッチャーの出口のところにある小さなエアクリーナーみたいなのは、これまたWebで発見したK&Nの「ブリーザーフィルター」と言うヤツ。
本来は2輪用らしい。クランクケースにあるブリーザーバルブやブリーザーパイプに取り付けるもので、このようにオイルキャッチャーにブローバイを誘導する場合は、本当は必要はないはずのモノ。
ま、そーなんですがカッコ付けも含めてつけて見ました。余計な出費(w
わかる人が見れば「プププ」と笑われるモノかもしれません・・・

さて、装着後の感想。
2時間以上走らせてみたのですが確かにオイル臭は無くなりました。
でもキャブからの吹き返しによるガソリン臭もあってどっちの臭いなのか、よくわからん(笑
ただ街中走行で目がチカチカと痛くなることは無くなりました。でもって顔の脂っぽさも無くなった感じ。

ということで車のため、環境のためのチューンでした。

貯め置き書き

このところあれこれと忙しくてずっと更新をが止まってましたが、ちゃんとMidgetの整備は進んでいます。
実のところ、Midgetのメジャーな整備はすべて終わり、現在はガレージにVOLVO 164が眠っています。

こんな事を書いている今も一ヶ月の海外出張中なのですが(笑)、詳細は帰国してからUPするとして、仕上げた項目を羅列してみると

フロントサスのブッシュ交換
リアと同様にPROTHANEに交換。スプリングコンプレッサを使わないMG独特のスプリングの取り外しに手間取りましたが、慣れれば楽なもの。
ブレーキランプスイッチの交換
購入したスイッチを取り外して取り付けるだけ。
オイルキャッチャーの取り付け
ヤフオクで安く売っていたので購入して取り付け。これでオイル臭さから少し開放されそう
ETC取り付け
ETC無料キャンペーンで手に入れたETCを取り付けて見みた。もうね、ETC無しでは生きてゆけません。

そんなわけで、休日のお供は今後はしばらくMidgetと共に。春先のツーリング季節に向けてキャブの同調や調整をしておきたいところ。

あと、手を入れていないのはエンジンとミッションだけになった。
ミッションは完全に放置プレイとするにしても、エンジンはメタル(エンジンベアリング)だけは交換したいところ。
噂に寄れば、メタルの交換はエンジンを降ろさなくても下からオイルパンを取り外すだけでできる、とか。
まぁ、ガレージのVOLVO 164が終わるまでにどうするかを考えて置こう。

Posted at 01:10 | Category: 雑談 | No Comments