VOLVO164 製造年式の違いについて

Volvo 164 Club of Sweden's Home Pageのコンテンツから和訳しました。

1969年

  • 車体番号:1-12199
  • 生産台数:12199台
  • 164の誕生の年。 エンジンはキャブ仕様のB30Aを搭載。 トランスミッションはマニュアル4速(M400)とOD付マニュアル5速(M410)、そしてコラムレバーのZL社製AT(BW35)。 フォグライトはオプション設定。

1970年

  • 車体番号:12200-32399
  • 生産台数:20200台
  • 大きな変更はない。この年からの変更点として

    • 殆どの仕向けでフォグライトが標準装備になる
    • ヘッドレストがフロントシートに取り付けられる
    • リトラクタブルシートベルトが前席に装備
    • 皮製のシート
    • オルタネータの容量UP(55A)
    • ハザードライト装備

1971年

  • 車体番号:32400-52789
  • 生産台数:20390台
  • パワーステアリングが標準装備になる。電動時計が標準装備。タイヤのリム幅が5.5Jとなる。

1972年

  • 車体番号:52790-74449
  • 生産台数:21660台
  • 最初のメジャーチェンジが行われた年。 大きな変更点として

    • インジェクション式燃料供給のエンジン"B30E/F"が搭載される。
    • AT車のシフトがフロアシフトになる。
    • フロントブレーキのローターがベンチレーテッドになる。
    • センターコンソールのデザイン変更
    • ステアリングのデザインが変更
    • ドアノブの形状変更など。室内外のデザインも変更される

1973年

  • 車体番号:74450-102949
  • 生産台数:28500台
  • ボディーなどの外観上の変更が行われる

    • グリルのデザイン変更
    • フロントバンパーが横一直線のデザインになる。
    • リアのコンビネーションランプのデザイン変更(初期の240と同じデザインに)
    • ドアトリムの変更
    • コンパネ、ダッシュボードのデザイン変更(丸型メーターに)
    • ステアリングのデザイン変更
    • コンパネ変更に伴うブロアー(吹出し口)の変更
    • エアコンの標準装備
    • タイヤサイズが165R15から175R15に変更

1974年

  • 車体番号:102950-132566
  • 生産台数:29617台
  • 衝突安全性の向上が図られる。またこの年にVOLVO 140の生産終了に替わってVOLVO 240/260がデビューする。

    • バンパーが太くなり強化される
    • ドアの強化、気密性の向上
    • ルームミラーが大きくなる
    • 後方からの衝突を考慮して燃料タンクを前方に移動
    • 前後にクラッシュバリアを新たに設けた
    • 電気シートヒーターを装備
    • バルブ切れ警告の追加

1975年

  • 車体番号:132567-153179
  • 生産台数:20613台
  • スウェーデン国内での販売は殆どない(40台強?!)。多くの部品が240/260と共通になる(そのためボルト類がインチとメートルの両方が使われることになり整備上では面倒になった)

    • リアサスペンションの改善(240/260と共通となる)
    • パーキングブレーキが左右前シートの間に移動する
    • 前後のシート形状の変更
    • 前ドアがパワーウィンドウになる
    • アンテナがAピラーに移動
    • ホイールのオフセットが40mmから25mmに変更

1976年

  • 240/260シリーズの売り上げ増加に伴い生産終了。総生産台数は153179台。この年に僅か2645台だけ生産された(150534-153179)ということも言われているが確認されていない。 また生産前のプロトタイプ(試作車)が50-100台作成されたといわれている。